わら葺屋根の家の石の経緯 운영자| 2017/01/17 |閲覧数 1353

    月明洞(ウォルミョンドン)自然聖殿には<わら葺屋根の家の石>という名前を持った経緯のある石があります。


    鄭明析牧師がひとしきり薬水泉のそばの石の作業をしていた時でした。

    石を一つ一つ積んでいきましたが、ある地点でいくつもの石を運んできて置いても入らず、合いませんでした。


    鄭明析牧師は合う石がなくていらいらしました。

    「こんなにも石が合わないのか。定規で測って他の石を探してこよう。

    この地域のどこにそのような石があるだろうか。

    600mは行かなければならないだろう」と思って行きました。


    600メートルくらい行ったら石がありました。

    石が少し大きかったので、パワーシャベルで割ろうとしましたが、割っている途中、パワーシャベルのオイル管が破裂して、割ることができず、その石をそのまま車に乗せて運んできました。

    鄭明析牧師は仕方なくその石をそのまま置いてみましたが、やはり合いませんでした。

    ずんぐりむっくりの石だったので、運動場の一番端、土を埋める所に持っていって捨てようとしました。


    しかしその時、雨が降り出し、地面が濡れてパワーシャベルが動けないから、石を運ぶことができず、その日は作業も中断しました。


    次の日の明け方、雨が止んで鄭明析牧師が一番先にジョギングをしようと運動場に出て、サッカーをしようとしました。

    ところが運動場に「昨日捨てようとしていた石」があったので、片付けてサッカーをしようと思って、その石をもう一度見ました。


    鄭明析牧師は「遠く600mも行って運んできた石がこんなにも合わないのか。ずんぐりむっくりだな。惜しい。運動場の端の埋め立てる場所に入れて、土が崩れないように埋めよう。こんなにも石の大きさが合わないのかなあ」と思いました。 

    そして「その石の四方八方」を確認しながら見たら、その時鄭明析牧師の目に「一つの形象」が目にとまりました。


    「昔、鄭明析牧師が住んでいた生家、わら葺屋根の家の形象」のようでした。

    早速、石をまっすぐに立てて見ると、昔、鄭明析牧師と家族が住んでいたわら葺屋根の家の形象」とほとんど同じ形でした。

    屋根が腐って直したところも似ていたし、古くて少し傾いた形も似ていたし、軒先と土の壁も似ていました。 

    運動するために出てきた人たちもみんな「わら葺屋根の家の形象だ」と言いました。


    神様と聖霊様と御子は状況を変えて

    「この石」を持ってこさせ、また状況を変えて「この石の形象」を見つけるようにさせ、悟るようにし、喜ぶようにさせました。 


    このように「他のこと」を行ないながら「御心のあるもの」を見つけるようにしてくださいました。

    鄭明析牧師はその「作品の石」を神様のプレゼントとして下さったように思いました。


    半分埋もれていて、半分だけが見え、斜めになっていたから、数十年間見ても、その形象だと分かりませんでした。 

    鄭明析牧師は昔住んでいたわら葺屋根の家の写真を1枚も撮っておかなかったといつも残念がっていましたが、その石を見つけて願いが叶いました。


    神様は写真よりもっとよい作品で「そのわら葺屋根の家に似た石」をくださいました。 

    月明洞の自然聖殿には、このようにして見つけ、運んできた石と木が多くあります。

    - Translation : RS3987

    월명동 자연성전에는 <초가집돌>이라는

    이름을 가진 사연 있는 돌이 있습니다.


    정명석 목사가 한창 약수샘 옆 돌 작업을 

    할 때였습니다.

    돌을 하나하나 쌓아 올라가는데, 

    어느 지점에서 여러 개의 돌들을 갖다가 

    쌓아도 들어가지를 않고 맞지 않았습니다.


    정명석 목사는 맞는 돌이 없어서 속상했습니다.

    “이렇게도 돌이 안 맞나. 자로 재서 다른 돌을 찾아오자. 

    이 지역 어디에 그런 돌이 있을까? 

    600미터는 나가야겠다.”하고 나갔습니다.


    600미터쯤 가니 돌이 있었는데 돌이 좀 커서 

    포클레인으로 깨다가 포클레인 기름관이 터져서 못 깨고, 

    그냥 차로 싣고 왔습니다.

    정명석 목사는 어쩔 수 없이 그 돌을 그냥 갖다 쌓았으나, 

    역시 맞지 않았습니다. 

    두루뭉술한 돌이라 운동장 맨 끝, 흙을 채우는 곳에 

    갖다 버리려고 했습니다.


    그런데 그때 비가 막 쏟아졌고, 

    땅이 질어서 포클레인이 못 움직이니 돌을 못 옮기고 

    그날 작업도 중지했습니다.


    다음날 새벽, 비가 그치고 정명석 목사가 제일 먼저 

    조깅하려고 운동장에 나와 축구를 하려고 했습니다.

    그런데 운동장에 ‘어제 버리려 했던 돌’이 있어서 

    치우고 축구를 하려고 그 돌을 다시 봤습니다.


    정명석 목사는 ‘아니 600미터나 멀리 가서 가져온 돌이 

    이렇게 안 맞아? 두루뭉술하게 생겼다. 아깝다. 

    운동장 맨 끝의 매립장소에다가 넣고 

    흙이 무너지지 않게 메우자. 이리도 돌 크기가 안 맞나’ 

    생각했습니다.

    그리고 ‘그 돌의 사방’을 확인하는데 

    그때 정명석 목사의 눈에 ‘한 형상’이 눈에 띄었습니다.


    ‘옛날 정명석 목사가 살던 초가집 형상’같았습니다. 

    즉시 돌을 바로 세워서 다시 보았더니 

    옛날 정명석 목사와 가족들이 살던 초가집 형상과 

    거의 닮은 모양이었습니다.

    지붕이 썩어서 고친 것이 닮았고, 

    오래되어 약간 기운 모양도 닮았고, 

    추녀와 흙벽 등도 닮아 있었습니다.

    운동하러 나온 사람들도 모두 초가집 형상이라고 

    하였습니다.


    하나님과 성령님과 성자는 여건을 틀어 

    ‘이 돌’을 가져오게 하시고, 또 여건을 틀어

     ‘이 돌의 형상’을 찾게 하시고, 

    깨닫게 하고 좋아하게 하셨습니다.


    이와 같이 ‘다른 것’을 행하면서 ‘뜻있는 것’을 

    찾게 하셨습니다.

    정명석 목사는 그 ‘작품 돌’을 하나님이 선물로 

    주신 것 같았습니다.


    땅에 묻혀 반만 보이고, 비스듬하게 있었기에 

    수십 년을 봐도 그 형상인지 몰랐었습니다.

    정명석 목사는 옛날에 살던 초가집 사진이 

    한 장도 안 남아서 늘 아쉬워했었는데 

    그 돌을 발견하면서 소원이 풀렸습니다. 


    하나님은 사진보다 더 좋은 작품으로

    ‘그 초가집을 닮은 돌’을 주셨습니다.

    월명동 자연성전에는 이렇게 찾고 가져온 

    돌들과 나무들이 참 많습니다.