接ぎ木するときにも質が同じでなければなりません 운영자| 2017/09/27 |閲覧数 3,490

    鄭明析牧師が伝えた説教の中に、一つになりなさいという御言葉があります。 

    一つになるためには質が同じでなければなりません。

    同じ質でなければなりません。 


    接ぎ木するときにも質が同じでなければなりません。 

    質が同じでないと、接ぎ木をしても枯れます。 

    柿の木と豆柿の木は質が同じなので、接ぎ木をしたら生きられます。

    しかし、質が違うものはどんなに接ぎ木をしても生きられません。


    松の木に柿の木を接ぎ木したのでは生きられません。

    このように万物を通して比喩したことは、私たち人間が神様と質が同じだということです。 

    人間はいくらでも神様の思考と思想を抱いています。

    だから私たちは、いくらでも神様と一つになれる条件を100%揃えています。

    ただやらないだけです。 



    - 1998年8月12日 朝の御言葉より-

    - Translation : RS3987

     정명석 목사가 전한 설교 중에 

     하나 되라는 말씀이 있습니다. 

     하나가 되려면 질이 같아야 합니다. 

     같은 질이어야 합니다. 


     접붙일 때도 질이 같아야 합니다. 

     질이 같지 않으면 접을 붙여도 죽습니다. 

     감나무와 고욤나무는 질이 같아서 

     접을 붙이면 살 수 있습니다. 

     그러나 질이 다른 것은 아무리 접을 붙어도 

     살수가 없습니다. 


     소나무에 감나무를 접붙이면 살지 않습니다. 

     이처럼 만물을 통해 비유한 것은 우리 인간이 

     하나님과 질이 같다는 것입니다. 

     인간은 얼마든지 하나님의 사고와 사상을 

     품고 있습니다. 

     그렇기 때문에 우리는 얼마든지 하나님과 

     하나 될 수 있는 여건을 100% 갖고 있습니다. 

     다만 안 할 뿐입니다. 


      -1998년 8월 12일 아침말씀 中-