月明洞自然聖殿 野心作‐常にもっと良いものを下さる神様! 운영자| 2018/04/03 |閲覧数 3,108

    鄭明析牧師が開発した月明洞(ウォルミョンドン)の<自然聖殿 野心作>は神様と共に積んだけれども、5回も崩れました。


    その度に鄭明析牧師は<石>は崩れたが<私の心>は「もっとよく積もう!」と崩れませんでした。

    そしてまた積みました。


    特に<4回目、5回目に積んだ時>はこれ以上積むことができないほど「最高の石」を手に入れてもっと絶妙にうまく積んだけれど、また崩れて、一部の石は割れました。


    <心>は崩れていなかったので「もう一度積むこと」は問題ではなかったけれど、「<石>がないからどうやって積んだらいいか」心配になり落胆しました。


    しかし鄭明析牧師は諦めず、希望を抱いて「もっと良い石」を買いに行きました。

    すると、石を扱う会社の主人が「以前は売らないと言っていた石」を売り、他の石を扱う会社でも「新しく掘り出した石」も売ってくれて結局「もっと大きな石と作品の石」を買ってくるようになりました。

    もし石が崩れず、割れなかったなら石を新しく買いに行かなかったことでしょう。


    <4回目、5回目に崩れて割れた石>は弱くて割れたけれど、<割れなかった石>は強くて割れなかったのです。

    だから<割れた石>と<以前積んだ小さな石>を抜いて<新しく買ってきた良くて大きな石>で積みました。

    石が崩れる度に「もっと良い石」に替えました。


    神様は常に「もっと良いもの」を持っていらっしゃるから、神様の構想をもって<心>が崩れず、行いさえすれば、神様は必ず「もっと良いもの」を下さいました。


    結局<6回目>にはもっと大きな作品の石で野心作を完成しました。

    長い期間、鄭明析牧師は神様の構想を諦めずついに完成しました。

    - Translation : RS3987


     정명석 목사가 개발한 월명동의 <자연성전 야심작>은 

     하나님과 같이 쌓았는데도 

     다섯 번이나 무너졌습니다. 


     그때마다 정명석 목사는 <돌>은 무너졌지만, 

     <내 마음>은 ‘더 좋게 쌓아야지!’ 하고 

     무너지지 않았습니다. 

     고로 또 쌓았습니다. 


     특히 <네 번째, 다섯 번째 쌓을 때>는 

     더 이상 쌓을 수 없이 ‘최고의 돌들’을 구해다 

     더욱 절묘하게 잘 쌓았는데, 

     또 무너져서 일부의 돌들이 깨졌습니다. 


     <마음>은 무너지지 않았으니 

     ‘다시 쌓는 것’은 문제가 아닌데, 

      '<돌>이 없으니 어떻게 쌓을까.’ 걱정하고 

     낙심이 되었습니다. 


     그러나 정명석 목사는 포기하지 않고 희망을 품고 

     ‘더 좋은 돌’을 사러 갔습니다. 

     그런데 ‘돌 회사 주인이 전에 팔지 않겠다던 돌’을 팔고, 

     다른 돌 회사에서도 ‘새롭게 파낸 돌들’도 팔아서 

     결국 ‘더 큰 돌과 작품 돌’을 사 오게 됐습니다. 

     만일 돌이 무너지지 않고 깨지지 않았다면 

     새롭게 돌을 사러 가지 않았을 것입니다. 


     <네 번째, 다섯 번째 무너져서 깨진 돌들>은 

     약해서 깨진 것이고, <안 깨진 돌들>은 

     강해서 깨지지 않은 것입니다. 

     그래서 <깨진 돌들>과 <전에 쌓은 작은 돌들>은 빼내고 

     <다시 사 온 좋고 큰 돌>로 쌓았습니다. 

     돌이 무너질수록 ‘더 좋은 돌’로 바꾸었습니다. 


     하나님은 항상 ‘더 좋은 것’을 가지고 계시니, 

     하나님의 구상을 가지고 <마음>이 무너지지 않고 

     행하기만 하면 하나님은 ‘더 좋은 것’을 꼭 주셨습니다.


     결국 <여섯 번째>에는 

     더 큰 작품 돌을 가지고 야심작을 완성했습니다. 

     긴 시간 동안 정명석 목사는 하나님의 구상을 포기하지 않고 

     기어이 완성했습니다.