仁大山(インデサン) 운영자| 2013/02/01 |閲覧数 4,863

     

     

    忠清南道錦山郡(チュンチョンナムドクムサングン)の珍山面(ジンサンミョン)三佳里(サムガリ)・石幕里(ソンマンニ)・烏項里(オハンニ)・厳亭里(オムジョンニ)にわたる山です。(高度:662m)


    朝鮮時代、珍山ウプチ(*1)につながる主脈の流れに属する山で、この山から大きな人物が出るといって付けられた名前だと言われます。「興地図書」(珍山)では「仁大峰(インデボン)は錦山珍岳山(ジナクサン)からきたが、郡の南側15里にある。」とされ、関連する記録が初めて登場します。

     

    添付された地図には印対峰としてその漢字表記が異なっています。


    それ以降、「大東地志」、「湖南邑誌」、「海東地図」、「1872年地方地図」などで続けて仁大峰として記録されていますが、「韓国地名総覧」では印大山という漢字表記が登場します。



    *1 ウプチとは、朝鮮王朝時代の州・府・郡の総称のこと。

    - Translation : DIK

     

     

    충청남도 금산군의 진산면 삼가리 · 석막리 · 오항리 · 엄정리에 걸쳐 있는 산입니다(고도:662m).

     

    조선 시대 진산읍치로 이어지는 주맥의 흐름에 속하는 산으로 이 산으로 인하여 큰 인물이 난다 하여 붙여진 이름이라고 합니다. 『여지도서』(진산)에 "인대봉(仁大峰)은 금산 진악산에서 왔는데 군 남쪽 15리에 있다."고 하여 관련 기록이 처음 등장합니다.

     

    첨부된 지도에는 인대봉(印對峰)으로 그 한자 표기가 다르게 표시되어 있습니다.

     

    이후 『대동지지』, 『호남읍지』, 『해동지도』, 『1872년지방지도』 등에서 계속 인대봉(仁大峰)으로 기록되었는데, 『한국지명총람』에서 인대산(印大山)이라는 한자 표기가 등장합니다.