自分が<古いのもの>を完全に捨てなければ、神様も、御子もできません。 운영자| 2017/04/24 |閲覧数 1204

    鄭明析牧師が月明洞(ウォルミョンドン)を開発し始めたとき、家の近くの大切な田畑、子供の時に柿を取って食べていた柿の木、前山のつつじの園、田舎の風景など、昔の家を簡単に捨てることはできませんでした。


    鄭明析牧師は故郷である月明洞のそのうっとうしい環境があまりにも嫌で抜け出そうとしましたが、いざ<古いもの>をきれいさっぱりなくして新しく作ろうとするともったいなく思えました。

    それで、それらのものを丸く残しておいて、ほかの所だけを開発しました。


    全体的な神様の構想があるのに、自分が好きな<古いもの>をそのままにしておいて開発をしたので、神様の構想どおりに、もっと美しく神秘的で雄大に作ることができませんでした。


    いくら住み慣れた、情の移った故郷の風景だとしても、田畑をきれいさっぱりなくして平地にし、子供の時に柿を取って食べて情が移った柿の木だとしても、全部きれいさっぱり切ってなくし、古い家を全部なくして開発をしてはじめて「神様が願っていらっしゃるもの」を作って、「肉」のために、「霊」のために、美しく神秘的で雄大に使うことができます。


    だから鄭明析牧師は神様の構想どおり新しく作るために、月明洞の<古いもの>を「すべて、全部」なくして、道と運動場を作り、泉と池、山道も作り、前山と裏山も作り直し、木も新しく植えて育て、「全体」を新しく変化させて<神様の聖殿>に作りました。

    そうしたら、<古いもの>は見当たらなくなりました。


    これと同じく、自分が好きな「古い考え、古い行ない、さまざまな環境」を捨てなくては、神様が計画なさった人生に作ることができず、<天国の世界>を作ることができません。


    自分の肉体がこの世的に好きで行なうことや、自分の古い心、古い行ない、古い習慣、古い癖をきれいさっぱりなくしてはじめて、天の国に属した神様の人に作ることができます。


    自分の<古いもの>をきれいさっぱりなくさなくては、地球世界70億人みんなが助けてくれたとしても新しく作ることは不可能です。


    月明洞の田畑、古い家、古い道、古い環境をそのままにしておいたら、絶対に現在の形のように作ることはできませんでした。


    これと同じく、みんな、自分がこの世的に好きで行なう<古い心、古い行ない>を捨てずにそのままにしておいては、天国の人生に作ることができません。

    自分が<古いもの>を完全に捨てなければ、神様も御子もできません。

    自分が「自分の責任」で<古いもの>を捨てなければなりません。



     - 2014年2月23日 鄭明析牧師の主日の御言葉より - 

    - Translation : RS3987

     정명석 목사가 처음 월명동을 개발하기 시작할 때 

     월명동의 문전옥답인 논밭,

     어렸을 때 감을 따 먹었던 감나무, 앞산 진달래 동산, 

     시골 풍경 등 옛집을 쉽게 버릴 수가 없었습니다.

     

     정명석 목사는 고향인 월명동의 그 답답한 환경이 

     그렇게 싫어서 벗어나려고 했지만,

     막상 <옛것>을 싹~ 없애고 새롭게 만들려고 하니 

     아까웠습니다.

     그래서 그곳들은 동그랗게 놔두고 

     다른 곳들만 개발을 했습니다.

     

     전체적인 하나님의 구상이 있는데, 

     자신이 좋아하는 <옛것>을 그대로 놔두고 개발하니,

     하나님의 구상대로 더 이상 아름답고 신비하고 

     웅장하게 만들 수 없었습니다.

      

     아무리 정든 옛 고향 풍경이라도 

     논밭을 싹 밀어 없애 평지가 되게 하고,

     어렸을 때 감을 따 먹으며 정들었던 감나무라도 

     모두 싹 베서 없애고, 옛집을 다 없애고 개발해야

     ‘하나님이 원하시는 것’을 만들어서 ‘육’을 위해, 

     ‘영’을 위해 아름답고 신비하고 웅장하게 쓸 수 있습니다.

     

     그래서 정명석 목사는 하나님의 구상대로 

     새롭게 만들기 위해  월명동의 <옛것>을

     ‘모두 다’ 없애고 길과 운동장을 만들고, 

     샘과 호수, 산길도 만들고, 앞산과 뒷산도 다시 만들고,

     나무도 새로 심고 가꾸어 ‘전체’를 새롭게 변화시켜 

     <하나님의 성전>으로 만들었습니다.

     그랬더니 <옛것>은 찾아볼 수 없었습니다.

     

     이와 같이 자기가 좋아하는 ‘옛 생각, 옛 행실, 

     각종 환경’을 버리지 않고서는

     하나님이 계획하신 인생으로 만들지 못하고 

     <천국의 세계>를 만들 수 없습니다.

     

     자기 육신이 세상적으로 좋아서 행하는 것들과, 

     자기의 옛 마음, 옛 행실,

     옛 습관, 옛 버릇을 싹 없애야 하늘나라에 속한 

     하나님의 사람으로 만들 수 있습니다.

     

     자기의 <옛것>을 싹 없애지 않고서는

     지구 세상 70억 명이 다 도와준다 해도 

     새롭게 만드는 것은 불가능합니다.

     

     월명동의 논밭, 옛집, 옛길, 옛 환경을 그대로 뒀다면, 

     절대 현재 모습같이 만들 수 없었습니다.

     

     이와 같이 모두 자기가 세상적으로 좋아하며 행하는 

     <옛 마음, 옛 행실>을 버리지 않고 그대로 두고서는 

     천국의 인생으로 만들 수 없습니다.

     자신이 <옛것>을 완전히 버리지 않으면 하나님도, 

     성자도 못 하십니다.

     자기가 ‘자기 책임’으로 <옛것>을 버려야 합니다.

     

     - 2014년 2월 23일 정명석 목사님의 주일말씀 中 -