祈りのしるしの松(ヘテ松)の秘密 운영자| 2017/06/02 |閲覧数 1810

    鄭明析牧師が外国に行っていたとき、月明洞( ウォルミョンドン)の山で火事が起こって全部燃えたことがありました。 

    その山には良い木が多かったです。 

    まばらに良い松もたくさんありました。 

    その中の一本は鄭明析牧師が初めて祈った木です。


    その木もすっかり焼けましたが、その木を切ろうとしたら御子が  

    「これは燃えてすすけていても、なくなる時までは記念になる。」 

    という悟りを下さいました。


    鄭明析牧師は木が助かるという声として悟りました。

    鄭明析牧師は心を痛め、他のほとんどの木は早急にすべて切ってしまったし、その木も切ってしまおうとしましたが、もしかしたら春が来れば助かるかもしれないと思って、切りませんでした。 

    そうしていたら、初めて祈った木はいつ火事に遭ったことがあったかというように再び生き返りました。 


    だからその木は、恐竜のような神秘的な動物に属する火と相克の動物である「ヘテ松」になりました。 

    ヘテは火を食べます。

    その木が助かったのは本当に奇跡でしたが、片方だけすすけて残りの部分は無事だったおかげで助かりました。 


    そのようなことがあって、私は後からその木をヘテと名称を付けました。 



    -1998年7月2日 鄭明析牧師の朝の御言葉より-

    - Translation : RS3987


     정명석 목사가 외국에 갔을 때 

     월명동 산에 불이 나서 다 탄 일이 있었습니다. 

     그 산에는 좋은 나무들이 많았습니다. 

     듬성듬성 좋은 소나무도 많았었습니다. 

     그중 한 나무는 정명석 목사가 처음 기도했던 나무입니다. 


     그 나무도 홀랑 탔었는데 그 나무를 베려고 하니 성자께서  

     “이것은 불타서 끄슬러 있어도 없어질 때까지는 기념이 된다.” 

     라는 깨달음을 주셨습니다. 


     정명석 목사는 나무가 살아난다는 소리로 깨달았습니다.

     정명석 목사는 속이 상해서 대부분 다른 나무는 조급하게 

     다 베어 버렸고, 그 나무도 베어버리려고 하다가 

     혹시 봄이 오면 살지도 모르겠다는 생각에 베지 않았습니다. 

     그랬더니 처음 기도했던 나무가 언제 불 맞은 적이 있었냐는 듯 

     다시 살아났습니다. 


     그래서 그 나무는 공룡 같은 신비한 동물에 속하는 불과 

     상극인 동물인 ‘해태 소나무’가 되었습니다. 

     해태는 불을 먹습니다.

     그 나무가 살아난 것은 정말 기적이었는데 

     한쪽만 끄슬르고 나머지 부분은 무사한 덕분에 살아나게 되었습니다. 


     그런 일이 있고 난 뒤부터 그 나무를 해태라고 명칭을 붙였습니다. 


     -1998년 7월 2일 정명석 목사님의 아침말씀 中 -