皆さんも片方だけうまくやるのでは駄目です 운영자| 2017/06/19 |閲覧数 572

    昔、松の木で電柱を作ったときは、まっすぐな松の木は切って電柱として作りました。 

    しかし、今は電柱をセメントで作るから、まっすぐな松の木より曲がった松の木を好みます。


    それをカブリ松の木と言います。

    美しいという意味の“佳(カ)”の字に、鷲の“くちばし(プリ)”という意味です。 

    それから、まっすぐ立っている木ならば、枝が四方に均等にたくさん伸びていなければなりません。 


    鄭明析牧師が開発した月明洞(ウォルミョンドン)自然聖殿には、木がたくさんありますが、その中に枝が四方に均等にたくさん伸びている木として、正二品の松の木があります。 


    もともと木は北の方には枝が伸びていかないので、そのような木を捜すのが難しいです。

    一方、南の方の枝は3倍以上速く成長します。 


    このように私たちも片方だけうまくやるのでは駄目です。 

    まんべんなくうまくやらなければなりません。 

     


     - 1997年9月10日 鄭明析牧師の朝の御言葉より - 

    - Translation : RS3987

     

     옛날에 소나무로 전봇대를 만들 때는 

     반듯한 소나무는 베어서 전봇대로 만들었습니다. 

     그러나 지금은 전봇대를 시멘트로 만드니, 

     사람들이 반듯한 소나무보다 

     휘어진 소나무를 더 원합니다.


     그것을 가부리 소나무라고 합니다.

     아름다울 가(佳)자에 독수리 부리라는 뜻입니다. 

     그리고 반듯하게 서있는 나무라면 가지가 사방으로 

     고르게 많이 나야 합니다. 


     정명석 목사가 개발한 월명동 자연성전에는 

     나무들이 많은데, 그 중 가지가 사방으로 

     고르게 많이 나 있는 나무로 정이품 소나무가 있습니다. 


     나무는 원래 북쪽으로는 가지가 안 나가기에 

     그런 나무를 찾기가 어렵습니다.

     반면 남쪽 가지는 3배 이상 빨리 큽니다. 


     이처럼 우리도 한쪽만 잘해서는 안 됩니다. 

     골고루 잘해야 합니다. 

     

     - 1997년 9월 10일 정명석 목사님의 아침말씀 中 -